七五三の歴史

七五三というと着物を着て、千歳飴をもって写真を撮った記憶があります。
肝心の神社でお参りをしたのかどうか、全く覚えていません。
現在の七五三は子供が3,5,7歳の年の11月15日近辺に、子供の成長を祈り神社へ参拝するものになりましたが、昔はそれぞれ違った行事でした。
まずは3歳で行う「髪置きの儀」です。
江戸時代は男女ともに3歳までは髪を剃る習慣がありました。
それを終了する儀式です。
次に5歳で行う「袴儀」です。
これは男子のみの儀式で男子が袴をはき始める儀式でした。
最後が7歳で行う「帯解きの儀」です。
今度は女子のみが行う儀式で、女子が大人と同じような幅の広い帯を結びはじめる儀式でした。
江戸時代から行われている神事ですので、旧暦の数え年で数える方法が正式であるようです。
また筆者も思い出深い千歳飴ですが、これも江戸時代の飴売りが発祥といわれているようです。
子の長寿を願って細く長く作られ、縁起のいい紅白の色をつけられていることが多いようです。

七五三について学ぼう

11月頃になると子供の成長を祝う七五三のお祝いがあります。始まりは大変古く室町時代には行われていましたが、江戸時代になって武家社会を中心に広まりました。元々のいわれは、大昔は子供の死亡率が高かった為に、7歳になると初めて社会の一員として認められました。その為にも、健康で元気に育つ事が出来たと神様に感謝と健康を願ってお参りする様になりました。お参りをする時期は、はっきりとは決められていませんが、10月から11月に掛けてお参り人が多くなります。男の子は3歳と5歳をお祝いすると決められており、女の子は3歳と7歳となっています。3歳になる頃には、言葉も理解する事が出来る様になっており、5歳では知恵が付く様になり、7歳では乳歯が生え変わる時期とされており、子供の成長が著しい時期となっています。七五三のお参りをする場所には決まりはありませんが、住んでいる近くの氏神様にお参りするのが良いかもしれません。氏神様に元気に成長する事が出来たとお礼の意味で選ばれる事が多いのかもしれません。お気に入りの神社などがあれば、その神社に祈祷をお願いする事も可能となっています。祈祷をお願いする場合には、ご祈祷料が必要となりますので、事前に用意していく必要があります。お祝いの日なので子供に晴れ着を着せてお参りする事も多いので、駐車場が完備されているか等を確認しておく必要があります。一生に一度の晴れの日とする為には、子供に疲れさせない工夫が大切です。

Valuable information

iPhone売るなら(ジャンクOK)
http://ibhone.onandon-corp.com/
ペット火葬を東京でする
http://www.owners-i.com/
トイプードル ブリーダー
http://www.papipu-pet.com/
不要になった白ロムを買取
http://www.lala-mobile.jp/
不要な古本の買取
http://kagurazakabooks.com/

Last update:2014/11/17