七五三の歴史

七五三というと着物を着て、千歳飴をもって写真を撮った記憶があります。
肝心の神社でお参りをしたのかどうか、全く覚えていません。
現在の七五三は子供が3,5,7歳の年の11月15日近辺に、子供の成長を祈り神社へ参拝するものになりましたが、昔はそれぞれ違った行事でした。
まずは3歳で行う「髪置きの儀」です。
江戸時代は男女ともに3歳までは髪を剃る習慣がありました。
それを終了する儀式です。
次に5歳で行う「袴儀」です。
これは男子のみの儀式で男子が袴をはき始める儀式でした。
最後が7歳で行う「帯解きの儀」です。
今度は女子のみが行う儀式で、女子が大人と同じような幅の広い帯を結びはじめる儀式でした。
江戸時代から行われている神事ですので、旧暦の数え年で数える方法が正式であるようです。
また筆者も思い出深い千歳飴ですが、これも江戸時代の飴売りが発祥といわれているようです。
子の長寿を願って細く長く作られ、縁起のいい紅白の色をつけられていることが多いようです。

Valuable information

iPhone売るなら(ジャンクOK)
http://ibhone.onandon-corp.com/
金持ち父さんセミナー
http://cashflow-master.com/
トイプードル ブリーダー
http://www.papipu-pet.com/
不要になった白ロムを買取
http://www.lala-mobile.jp/
不要な古本の買取
http://kagurazakabooks.com/